この地域につながりの輪を

つどい場カフェのご報告

スクリーンショット 2017-04-20 11

平成が終わろうとしている4月、
つどい場「いちご畑」は5周年を迎えました。

 開設当初から今日まで活動にご協力ご支援を下さった方々、また、つどい場に参加していちご畑を賑わして下さった方々のお顔を思い浮かべ感謝でいっぱいです。

写真:看板の下には甦った幻の「なるお苺」


アコーディオン演奏のミニコンサート 10月19日(土)

 台風が過ぎ去った後の不安定なお天気が続くなか、10月のつどい場カフェは、ミニコンサート アコーディオン演奏。 昨年も来ていただいた桑名惠子さんが、9kgの楽器を抱えて登場。今回は、田畑弘子さんのピアノ伴奏も加わりました。

 オープニングは、「魅惑のワルツ」「枯葉」「マイウェイ」を独奏で。次に、ピアノ伴奏で「愛の讃歌」「バラ色の人生」等、シャンソンの名曲、また「シェルブールの雨傘」「ドナウ川のさざ波」とヨーロッパの風景を思い描きながら耳を傾けまました。

画像の説明

 その後は、みんなで歌うコーナー。「里の秋」「高原列車は行く」「瀬戸の花嫁」を楽しく合唱。合唱サークルメンバーの練習成果を聴いていただく機会にもなりました。

 秋らしいアコーディオンの音色に耳を傾け、27名の参加者と一緒に合唱を存分に楽しんで、秋とはいえ空調が必要なほどの熱気で盛り上がりました。

 その後のコーヒータイムは、ハロウィーンのお菓子とおしゃべり、司会進行よろしく会場は和気藹々。音楽は心なごませるものだとあらためて思いました。

画像の説明


夏休み多世代交流プログラム 8月17日(土)

 大型台風到来の警報ニュースで脅かされて迎えたカフェの日でしたが、台風一過の暑い土曜日になりました。 8月恒例の多世代交流プログラムは、午後1時から庭先でのバザーに始まり、続いて2時からミニコンサート、と盛りだくさん。

画像の説明

 ミニコンサートには、いちご畑に何度かご出演して下さっているお馴染みの池田蒼太君とそのお母さんの幸代さん。そしてピアノ伴奏には福岡陽子さん。
 蒼太君のイラン民族楽器サントゥールの演奏に、お母さんの、これもイラン民族楽器トンバキの伴奏で、イランの楽曲につづいて、サントゥールの音色がぴったりの「蘇州夜曲」を幸代さんの歌で楽しみました。蒼太君はプロ並みの演奏家です、会場の熱いアンコールに応えて、「川の流れのように」もしんみり味わいました。

画像の説明

 コーヒータイムを挟んで第2部は子どものピアノ弾き語り、赤嶺りうちゃん(4歳)「虹」、櫻井さらちゃん(小2)「風になる」「涙そうそう」でほっこり笑顔になり、ついで高齢者代表・平岩直正さんは、手作り篠笛で「われは海の子」「また君に恋してる」を演奏、つどい場テーマソング「いちご畑」をみんなで合唱。
 その後は、せっかくの出会いを大切にと、池田さん達にイランの暮らしなども聞かせていただき、オーストラリアのお友達・ベリンダさんの参加もあり国際色豊かなひとときでした。

画像の説明

 最後に、もう一度無理をお願いし、福岡さんのピアノと池田幸代さんの歌で「愛燦々と」を聞かせていただきました。子どもから高齢者まで、そしてさまざまな国の方が集い楽しい交流ができたつどい場カフェでした。演奏ご協力、バザー提供、また、ボランティア、参加者みんなの温かい気持ちで無事、多世代交流プログラムが終わり感謝です。


ピアノ独奏のミニコンサート 6月15日(土)

 数日前からの暴風雨の気象予報で警戒が繰り返し伝えられ、この日のカフェはどうなるのか、演奏者もボランティアも参加者もヒヤヒヤでしたが、みんなの日頃の行いがいいのか、神様の恵みか、雨はおさまり、時にはお日様が現れました。

 この日はピアニスト・木下由美子さんによるミニコンサート。
 彼女は桐朋学園大学ピアノ科で学ばれた演奏家です。つどい
場には電子ピアノしかなく彼女には申し訳ないのですが、このカフェにふさわしい選曲で、まず、ベートーベン「エリーゼのために」。ついでオースティン「人形の夢と目覚め」。そして、ショパン「ワルツ第9番」と情感豊かなピアノ音楽を堪能しました。

スクリーンショット 2019-06-23 0

 後半は、彼女が提案した参加者の合唱タイム。
「この広い野原いっぱい」「ふるさと」を歌った時には
外は青空になっていました。
ピアノ好きな方々が久しぶりに見え、天気予報に反して会場は賑わいました。

スクリーンショット 2019-06-23 1


4月のつどい場カフェ 弦楽三重奏のコンサート 

 4月20日(土)、この日のカフェは、5周年記念のコンサートです。つどい場開設当初にお世話になった中森崇人さんに3度目の演奏をしていただきました。
 彼は幼少時より練習しているヴァイオリンはセミプロの腕前です。

 今回は安藤光平さん(Vn)、小川美咲さん(VC)との三重奏でエルガー「愛の挨拶」で始まり、バッハ、プロコフィエフの各弦楽器のソロ演奏とアンサンブル演奏、趣向をこらしたプログラムでつどい場の5周年を祝って下さいました。

スクリーンショット 2019-05-04 22

 格調高い音楽を満喫した後は演奏者も交えて
みんなでおしゃべりタイムです。
 常連参加者、久しぶりに来られた方、初めての方、演奏者を
紹介、会場は盛り上がりました。
 コーヒーとケーキを味わいながら5周年の
感謝のカフェを終えました。

スクリーンショット 2019-05-04 23

今年度からカフェの開催は偶数月のみとなります。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional