この地域につながりの輪を

シニアサロン

 2016年9月に助成金を得て始めたシニアサロン講座は、好評のうちに3年が経過し、シニアボランティアを中心に多様なプログラムにチャレンジしながら展開してきました。

 2019年度は「キリン福祉財団」と「コープともしびボランティア振興財団」の助成を賜ることとなり、感謝です。

 これを機に、これまでの第2木曜日のシニアサロンに加えて、第3木曜日に<サロン de Wi-Gy>(さろんでわいがい)を開くことになりました。

 参加される方々と一緒に素敵なサロンを創っていきたいと願っています。



シニアサロン講座 「鳴尾の方言」

 第2木曜日のシニアサロン講座は、なるお文化協会で活躍された仲洋子さんによる「鳴尾の方言」でした。
 同協会が鳴尾の方言をまとめて編集した冊子をテキストに、鳴尾の歴史を簡単にひもときながら具体的な方言のいくつかを取り上げて話し合う形でした。
 子どもの頃やお年寄りの話し言葉を懐かしく思い出したり、これをきっかけにそれぞれが故郷の方言を披露、話題は全国各地に渡りたいそう賑やかでした。

スクリーンショット 2019-05-05 23
 回想法という高齢者向けの心理療法がありますが、方言をテーマにしたことで、あの回想法のように、皆さんの脳が活性化されたようでとても楽しいサロンになりました。


サロン de Wi-Gy (サロンでワイワイ・ガヤガヤ);

 第3木曜日の午後は、ワイワイ・ガヤガヤと好きなことをするサロン、初めての試みです。
 特にテーマは決めないでボランティアが集りましたが、HさんがDVDを持参、「阪神パークの歴史」を鑑賞し、この界隈の懐かしい光景や遊園地の思い出にしばし浸りました。また、知恵の輪にもチャレンジ、指も脳も使いました。
 Fさんは手芸やぬり絵を持参。みんなのおしゃべりを聴きながら手仕事です。
 Nさんは、漢字本を持参、どれだけ難しい漢字が読めるかクイズように楽しみました。
 HTさんは、お得意の折り紙の作品を持参され、そのいくつかを懸命に習いました。

 午後3時過ぎには、学校帰りの子どもたち6人がやってきました。将棋が得意なSBさんが指導する将棋クラブです。
 初めてのつどい場で初めて会うシニアに戸惑いながらも将棋を楽しみました。

スクリーンショット 2019-05-05 23

 みんなでワイワイ・ガヤガヤと楽しいひとときを過ごしました。これからみんなでサロンを作って行きたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional